鉄道模型には、たくさんの種類がありますが、ジオラマに線路を作り、私鉄車両を連結し走らせて楽しむことができます。

鉄道模型のサイズもいろいろありますが、中でも人気なのは、Nゲージと呼ばれる、左右のレールの内側の寸法が9ミリのレールで、たくさん愛好家がいます。

鉄道模型は、車両とレールと電源があれば走らせることができるので、好きな私鉄の車両を買い、レールと電源はセットでも市販されているので、手軽に始めることができるのです。

電源は家庭用の100Vからとりますが、電源装置で2本の金属製のレールにマイナスとプラスの電流を流し、その上を車両が走る仕組みとなっています。

これだけでも、十分楽しむことができますが、ジオラマを制作してその中を走らせれば、より臨場感が出て、精巧に作れば作るほど、実物を縮尺したにも関わらず、物語を創造でき見る人を感動させてしまいます。

ジオラマ制作を教える教室もあり、木材や発泡材、石膏、スポンジなどの構成、色つけなどを教えてくれます、車両を私鉄電車から蒸気機関車、あるいは新幹線とアレンジを変えることで、雰囲気も変化し子供から大人まで楽しむことができるのです。

鉄道模型は、人を魅了させる魔力をもっているようです。