鉄道模型のジオラマを制作する際に土や草の生えた地面を表現するために鉄道模型用のパウダーを使用します。

色の異なる模型用粉末が市販されていて、幾つかの色を組み合わせることで地面を表現したり継ぎ目や固定用のテープを隠すのに利用します。粉末状のアイテムを使用する場合は、車両が通過する際に発生する風で舞い上がらないようにするために必ず固定するようにします。

模型用の粉末を利用して地面を制作する手順ですが、パウダーをジオラマに固定するために模型用の接着剤か水溶性の木工用ボンドを用意します。

木工用ボンドを使う場合は接着剤が目立たないようにするために水で3倍程度に薄めておきます。もしもボンドを薄めずに使用すると接着剤が不自然に目立ってしまいますし、薄めすぎると接着力が不足する場合があります。

地面の部分に接着剤を塗布しておき、その上にパウダーを撒きます。自然な感じを出すためには色の異なる粉を混ぜたり、上に重ねます。接着剤が完全に乾燥したら最後に余分の粉を除去します。

線路上に粉末が残っていると線路や車輪を汚してしまって接触不良の原因になるので、接着剤で固定されていないものがジオラマ上に残らないように注意するようにしましょう。